ABOUT学校薬剤師会とは

学校薬剤師は、世界でも日本だけに存在する制度で、昭和33年制定の「学校保健法」(現:学校保健安全法)によって定められました。 こども園・幼稚園・小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・盲学校・聾学校・養護学校に至るまで、大学を除く国立・公立・私立すべての学校において任命委託されています。 学校における環境衛生の向上を図り、薬剤師として子どもたちの健康増進に寄与します。

学校環境衛生と学校薬剤師

学校保健委員会に出席し、「学校環境衛生」が児童生徒の生命の維持、健康の保持増進、学習能率の向上、発育発達の促進および疾病の予防の上から、検査を行った結果が生かされるように指導助言をします。

京都市学校薬剤師会では

すべての子どもたちの「快適で安全な学校環境」をつくるために、各種勉強会、セミナー開催、情報交換など、常に新しい知識と正しい情報を会員と共有し、より安全で安心な学校環境作りを目指しています。